お米の種類 玄米・古代米

様々なお米の食べ方 

お米には色々な食べ方があります。

真っ白な白米で食べたり、身体の事を考えて玄米で食べたり。
それ以外に、栄養価を残しつつ食べやすい状態に精米した分搗きで食べたり。

ここでは、お米ができる所から玄米の食べ方、お米の種類 「古代米」についてもご紹介します。

お米ができるまで

 

大分県特別栽培米ひとめぼれ入荷


秋に金色に輝く稲穂を収穫し、稲穂から脱穀させたのが「籾」となります。
籾は、収穫後乾燥機にかけられます。
ここで乾燥の割合により、水分量が多いお米となったり、お米が割れたりと今後のお米の品質にかかわる大事な作業の一つといえるのではないでしょうか。
そして、乾燥機にかけられたお米は「籾摺り」の工程を行うことにより「玄米」となります。

様々な工程、沢山の人の手によって大切に育てられたお米だからこそ、美味しく食べていただきたいと思います。
 


 

玄米の秘密

 

お米のしくみ・構造

玄米は、「食物繊維・ビタミン・ミネラル」が豊富に含まれており、【完全栄養食】と言われる程、栄養価の高い食材です。

玄米には、食物繊維の皮である「糠」に覆われています。

白米になると削られて無くなってしまう、糠層・胚芽の部分に栄養価の高い「ビタミン・ミネラル・食物繊維」が豊富に含まれております。
特に食物繊維は、白米と比較すると約8倍もの違いがでます。

しかし、糠層が残っている為白米に比べ硬くて食べにくさもありまが、よく噛んで食べる事により、かなり腹持ちもよくなります。


私自身、朝ごはんに食べて、
お昼の時間になっても満腹感が残っている感じでした。食事の量が減るのも納得。


また、玄米の糠層は、不溶性の食物繊維が多く含まれているので、水分を吸収して、便のかさを増やし、腸を活発にしてくれます。


腸内環境を整えてくれるためダイエット効果があり、血糖値が上がりにくいものの、炊きにくく消化吸収が悪いので胃腸の悪い方は控えることをお勧めします。



食べるときは、しっかりと多めの浸水時間を取ることをお勧めします。


炊き方
浸水時間 一晩(12時間以上)がおすすめ。
温度・季節によって時間はかわります。
 


玄米に毒があるってホント??


様々なサイトを見ると玄米の毒性について書いてあるのを見かけます。
玄米の種に含まれる毒性【アブシジン酸】。 対する、人間の体温維持やエネルギー代謝にとって重要な役割をもつ細胞【ミトコンドリア】を傷つける可能性がある。また玄米の【フェイチン酸】でミネラル不足になりやすい・・。  


どれが正しいのか分からなくなりますね。
そもそも【アブジシン酸】とは・・。
植物の成長において休眠したり、落葉の促進をしたり、種の発芽といった植物ホルモンの一種のようです。
【アブジシン酸】は、自然界の多くの植物(果実・野菜の種子)にふくまれている為、これらの食品からすでに私達は摂取しているのです。
既に摂取しているのであれば、何かしらの病気との因果関係がわかりそうなもの。
何より2010年に、【アブジシン酸】は、米国環境保護庁が「毒性はない」「有効成分が残留する可能性はない」と公表しているのです。また、2021年秋には、日本食品総合情報システムでも同様に公表しておりました。


【フェチン酸】については、ミネラルの吸収阻害作用があると言われています。
玄米の食べる事により、「フェチン酸」と「ミネラル(A)」に分解されます。
その「フェチン酸」が元々体内にあった「ミネラル(B)」と結合し、排出してしまうのです。 しかし、玄米にはミネラルが豊富に含まれるいる為、分解されていた「ミネラル(A)」は残ります。 なので、体内の「ミネラル」分は変わらないという事になります。
何より、【フェチン酸】には、様々なガンを予防する効果があると明らかにされてきており、注目されている成分なのです!

どちらの成分も、心配するような有害な成分ではないという事です。

 

それでも心配!その毒性を撃退するには・・・



先程、玄米の毒素「アブジシン酸」と「フェチン酸」について書きましたが
それでも心配という方もいらっしゃるかと思います。
そこで、その毒性を撃退する方法をご紹介します。


夏場  12-24時間   冬場   24〜36時間 浸水 発芽に適した温度は32度前後。 「暑いから冷蔵庫に入れておこう・・」と思っても、発芽はされないようです。 できるだけ常温に置き、水をコマめに取り換えるとよいでしょう。
 

玄米浸水前

玄米浸水前 玄米浸水中玄米浸水中


浸水25時間経過後・・

10粒に1〜2個 1ミリ程の芽が出ているのがわかるでしょうか。

ここまでくれば完成です!


後は炊飯器や鍋で炊きあげましょう。

発芽玄米

綺麗にカニ穴が出来ました!
?

玄米を発芽玄米にすることにより、天然のアミノ酸(GABA)が   発生します。

GABA(ギャバ)は、脳や中枢神経で働く神経伝達物質の働きを抑制する作用があるので

ストレスを和らげたり、興奮状態を落ち着かせる効果があります。

時間をかけることにより、より玄米が食べやすくなります。?
それでも苦手な方は、白米と半分半分で混ぜて炊いたり、最近では小豆と一緒に炊くことで食べやすくなりましたというお声もいただきました。

あなただけの美味しく健康に続けられる食べ方を見つけてみてはどうでしょうか。
ここまでは玄米についてご紹介しました。次は、玄米以外のお米についてご紹介します。

お米の種類 古代米 


お米の種類には、黒米・赤米・緑米といった種類があります。雑穀として利用する方も増えているのではないでしょうか。
赤米(あかまい・)黒米(くろまい、くろごめ)」とは、稲の原種であり古代米の種類です。

赤米は、タンニン系の赤色色素を含む品種で、縄文時代に日本に伝わったイネのほとんどが「赤米」であったといわれています。
江戸時代以降に品種改良がさかんになるまで、赤米は各地で栽培されていました。
しかし、味が劣り、倒れやすいといなどの理由で遠ざけられるようになりました。


黒米は、「古代米」というだけあって、古くから日本に伝わるお米なのかと思いますが、 実は、中国から伝わったお米なのです。

漢の時代の張騫(ちょうけん)が珍しいお米を発見し、その後順調に出世したことにより、縁起が良い出世米として献納されていたようです。


また、世界三大美女とうたわれる楊貴妃も美容効果を期待して、黒米を食していたそうですよ。





  黒米は、お米の色が黒色に輝いています。
これはお米の果皮・種皮の部分で、この部分に青紫色の天然色素はポリフェノールの一種「アントシアニン」(抗酸化物質)が含まれています。


老化防止や美髪・美白効果という身体の中から効果をもたらしてくれるので、エイジングケアに最適です!
その他、眼精疲労、視力回復、、貧血改善、血糖値を抑える働きをしてくれます。


 赤米は、タンニン系の赤色色素でカテキン成分が含まれています。
食物繊維を多く含みマグネシウム、ビタミンB1が配合されているので、ダイエットの「脂肪燃焼効果」が期待できます。



緑米には、「クロロフィル」という色素成分が入っており、”幻の米”とも言われているようです。
貧血予防、整腸作用(デトックス)効果、GABAに関しては発芽玄米と同等以上ともいわれているようです。


 

赤米・黒米の食べ方 


赤米・黒米の使い方・食べ方は非常に簡単です。
一般的な雑穀を使用する時と同じように
洗い終わった白米にお好み大さじ1〜2杯を入れて炊くだけです。
この時、黒米の表面には、栄養価の高い成分が含まれている為洗いすぎには注意が必要です。




炊き上がりは、とても綺麗な鮮やかな赤紫色のご飯となります。 簡単で手軽に摂取できる栄養価の高い黒米は、お子様からお年寄りまで喜んでくれますよ!



お祝いや贈り物にもおすすめです!
黒米を詰めた詰め合わせギフト、↓↓↓ 是非ご利用ください。
黒米の詰め合わせ

 

  • お米で出産内祝い・お祝いのお返し・ギフトを
  • 結婚式の記念品・御祝・内祝いから可愛いブライダルギフトを取り揃えました♪
  •  結婚・出産・引っ越し・ 入学・入園・卒業等に可愛いプチギフトを
  •   入学・入園・卒業・卒園・出産・御歳暮・御中元・還暦・米寿・傘寿・回帰祝い・新築祝い・母の日・父の日等のプレゼントに
【育児情報誌〜ブライダル情報誌 多数掲載!】


お米マイスター
お米マイスターは、日本米穀小売商業組合連合会が主宰する、お米に関する専門職経験がある人のみに受験資格がある、いわばお米の博士号とも言える資格

【中島精米所】

住所:〒830-0061
福岡県久留米市津福今町681-10

電話:0942-32-8160
店休日:日曜日・祝日
営業時間:9:00〜19:00
商品の注文は店休日・営業時間にかかわらず随時受付中!

カテゴリーから探す

金額から探す

コンテンツを見る